スパイスを使った本格インドカレーを世の中に広めたい。大学生料理研究家、印度カリー子さん 【第二回】

物理学を専攻する現役大学生でありながら毎日本格インドカレーを自炊、年間100種類以上のレシピを自作、ブログ「印度カリー子のブログ – 本格インドカレーを作りまくりたいあなたへ」上で公開し、さらに独自に調合したオリジナルスパイスも「印度カリー子のスパイスショップ」で販売すればすぐに売り切れてしまうくらいの人気ぶり。ツイッター(@IndoCurryKo)のフォロワー数は開設から半年で2000人を超え、彼女がカレーを1回作るたびにフォロワーが増えるという。
第二回は日本のカレーに対する考えや、手作りご飯のお裾分けサービス「ごはんだよ」について伺いました。

ナンと一緒に食べるカレーは日本人向けのカレー。

—-インドカレー屋に行って研究している?

実はあまり外食は好きではないんです。外のインドカレーは大量の油使うので、私の身体にはあまり合わなくて、それで家で作ろうと思ったのもあって。もっと日本人の身体に適した美味しい家庭のインドカレーが作りたくて。

—-インドカレー屋のカレーでも日本人向けにカスタマイズしているんだろうな、という先入観はあります。

結構カスタマイズしていると思います。第一、あの大きなナンは日本で誕生したんですよ(笑)

印度カリー子さんは本格インドカレーづくりを体験できる「印度カリー会」を定期的に開いています。いつもすぐに定員に達するほどの人気だそう。

—-インド人はあれを食べていない?

食べてないです(笑)

ナンで食べるインドカレーというのは基本的には日本人向けのインドカレーで。
もちろんナンもインド本土にありますが、丸くてかためでもっと小さいです。

—-一般の人が思っているのは逆だと思います。

そうなんですよ。

インド人はこんなの食べないんだから、ナンは出すべきでは無いと言う人もいるくらいです。でも、私はそうは思ってなくて、その人その人が美味しく食べられれば良いと思う。

—-現実のインド人がしている通りに皆にやってほしいわけではない?

そうですね。
スパイスという新たな調味料でインドカレーを作って、家庭で新しい味を楽しんでもらいたい。そしてインドカレーというのが日本のカレーとは違う料理で、簡単に作れることを紹介したいだけです。

サイトを経由すれば本当に食べたい人に届けられる。

手作りごはんのお裾分けサービス「ごはんだよ」でも人気の印度カリー子のスパイスキッチン。手作りカレーを注文できます。

—-色々な人に自作のカレーを食べてもらったと思いますが、それでインドカレーが好きになった人は多いと思いますか?

そうですね、友達も家に来たついでに私のスパイス持って帰ったりして、お家で作ってみたと連絡くれる友達もいます。あとは私に影響されてインドカレーを食べるようになって、それからインドカレー屋さんに行きやすくなった、っていう友達もいました。時折無性に食べたくなる味なんですね。

—-大学には自分で弁当を作って持っていっている?

自分の分と姉の分を作っています。姉が弁当を忘れた時は友だちにあげます。

—-皆でカレーを分け合って食べるとかはしてない。

してないです(笑)

—-売れそうですね。

友達からはお金は取りたくないです。むしろ知らない人じゃないと厳しいですね、お金もらうのは。サイトを通してだったら大丈夫ですが、直接交渉は難しいです。

毎日自炊で作っているという、印度カリー子さんの絶品本格インドカレー。様々な食材で日々試行錯誤しているのだそう。

—-300円でどう?なんて聞いてみるのは

絶対ありえないです(笑)友達は本当はカレーを食べたくないのに私が聞いちゃったから仕方なく食べる、とかだったら本当に嫌なので。

—-実は食べたいという人は沢山いそうですね。でも面と向かってカレー食べさせてくれとは言えない。

(笑) もし食べたい人がいたらサイトを見てね、と。そうでないと押し付けになっちゃいそうなので。

—-「ごはんだよ」という手作り料理のお裾分けサービスに対して、どう思いますか?

まさに私のためのサービスかと驚きました(笑)。たくさん作りたいのに余りすぎてしまう、という悩みがあって、作ったカレーを食べてくれる人が本当に欲しかったので。

そもそも同じカレーを何度も食べるのは好きじゃなくて、一回食べれば私は満足なんです。まずいから食べて欲しいというわけではなくて(笑)、おいしいから食べてほしくて。私は別にカレー屋さんをやりたいわけではないので、近くに食べてくれる人がいてほしいと思っていました。

—-まさにうってつけだった。

うってつけでしたね。同居中の姉にもせっせと食べてもらうのですが、それにも限界が(笑)。

ひたすらずっと作りたいから、食べてくれる人がほしい。

あとは、もっとインドカレーの多様性を広めたかったので、カレーにあまり詳しくない人にも食べてもらえる機会があると。お店はやりたくないんですけど、月に1回ぐらいイベントとかでキッチンカー出したいなとか思ったり。

—-もしカレーの活動をしていなかったとして、このサービスを見つけたら使ったと思いますか?

使っていたと思います。和食とかで。
私は料理が大好きでひたすらずっと作っていたいんですけど、余っちゃうから作れないという問題があって。

—-食べられる量には限界があるから、そんなに作れない。でも食べる人がいるなら作る、と。そういう人は多くいると思いますか?

いると思います。新しい味に出会いたい人とか、新しく作った料理を食べてみてもらいたい、という人は沢山いるとおもいます。特に私みたいな人は、一回味をみれたら満足するので、たくさん食べたいとかは思わなくて、新しくできた美味しいものを食べてくれる人が欲しいんです。

—-「ごはんだよ」をやってみて、実際にどうですか。

楽しいですよ。注文してくれたりとか。あとレビューもらったときが一番うれしい。
ユーザーが増えればもう爆発的に流行ると思います。

—-サイトについてはどうですか?

初期なのにしっかりしていて、システム、レイアウトとかデザインとかもわかりやすいですし。

サイトから予約できる、印度カリー子さんの手作りインドカレー弁当。毎日違った種類が楽しめます。

もっとユーザーを増やして、あとは土日とかだったら、夜ご飯とかも作りたいなと思っていて。今はお弁当屋さんみたいになっていますけど、本当に近所の人だったら、時間をもっと自由にしたいです。

—-今、「ごはんだよ」では1週間に何回程度カレーを配っていますか?

1週間に2、3回です。

—-友達とかが登録して、自分のご飯を食べにきたらうれしい?

それはめちゃめちゃうれしいです。

—-全然仲良くなかった人が、いきなり「ごはんだよ」経由で食べたいですと言ってきたら?

それもうれしい(笑)。むしろ今までだったら、私がカレーパーティーに呼ぶのは友達しかいなかったんですけど、カレーで学科の人と新しく仲良くなれたら楽しいです。

—-食べたい人はたくさんいると思います。

ほんとですか(笑)、ありがたいです。そういう人が頼んでくれたりしたら、うれしいです。逆に「ごはんだよ」があったおかげで頼めたのかもしれないですね。

(第3回に続く)

印度カリー子さんの作ったインドカレーが食べられる「ごはんだよ」

ごはんだよサイトに飛ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。